<   2006年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
                           望楼上部
                           旧・下谷消防署(現在の上野消防署)望楼・上部
                            1925(大正14)年竣工
                           旧所在地:東京都台東区東上野五丁目
                           当時の高さは23.6m(三脚四層式外廊型)で展示
                           されている部分は上部約7m
e0040418_17581928.jpg

by henronin | 2006-11-30 17:59 | 小金井 | Trackback | Comments(10)
                            村上精華堂
                   小間物屋(化粧品屋)昭和前期には、化粧用クリーム、椿油や
                   香水の製造販売、  台東区池之端二丁目 昭和3年
                   建物の裏手にドラム缶が在りドラム缶から石油缶に移すポンプ
                   も在った、ドラム缶には「ヒマシ油」と書かれていた、香水の製造
                   に使ったのか?ドラム缶=香水 ピンと来ない。
                   
                   ウイキペデイア百科には「ひまし油」についてこう書かれている。
                   
                   成分のおよそ90%が不飽和脂肪酸の一種であるリシノール酸
                   である。ひまし油は低温下においても、高温下においても高い流
                   動性をもつため、各種工業用の原料として広い用途がある。

                   ひまし油およびその加工品は、石けん、潤滑油、作動油、塗料、
                   インキ、ワックス、耐低温樹脂、ナイロン、医薬品、香水などの
                   原料として用いられる。メルセデス・ベンツのブレーキホースの
                   原料もひまし油である
e0040418_1814610.jpg
e0040418_18142573.jpg
e0040418_18144216.jpg

by henronin | 2006-11-29 18:24 | 小金井 | Trackback | Comments(4)
                         仕立て屋
                         明治初期に建てられた文京区向島の町屋を移築した。
                                                           
                         コニカミノルタプラザで「木内 美羽」さんの作品を観
                         て来た衝撃的であった、30日までであるが、最終日
                         は早く終わるので明日にでも興味の有る方は行かれ
                         たい、別の会場でもあるが良い物は早く見るべきと思
                         う、HPをネットで見つけたので観て頂きたい、衝撃の
                         度合いがわかって頂けると思う。
e0040418_1811296.jpg
e0040418_181121100.jpg

by henronin | 2006-11-28 18:16 | 小金井 | Trackback | Comments(14)
                         豚汁は温かいよ
                    これほどの建物を見ながら「温かい豚汁」はめったに事では
                    食べられないであろう、右は「花市生花店」中央は「武居三省
                    堂 文具店 神田須田町一丁目 昭和2年 左はここの店蔵
                    型の休憩所兼食堂。
e0040418_1759598.jpg


                    今日 写真家「滝沢 友彦」氏に写真集を見せていただいた。
e0040418_184497.jpg

                    この中で彼の「THE WINK GAME 」が選ばれている、
                    選者で写真家の「元田 敬三」氏の一文に感銘した、「人を
                    撮る」ということ という文章であったが自分ももっと人と係る
                    ものを撮らねばと思う、いつも係りたくないと逃げているのは
                    良くない。
 
                    発行 ガーデアン・ガーデン
                    発売 バジルリコ株式会社  ¥2,800+税

                    余談だがこの若手15人の中一人が自分の父親の写真だけ
                    撮った作品を発表している、この父親は自分の知っている人
                    ほぼ間違いがないと思う苗字も同じ郊外の団地に住み奥さん
                    を無くし定年で悠々自適、10年近くお会いして無いが写真で
                    見る限り間違いなさそうだ、世の中狭いものだ。
                    
                    
                    
by henronin | 2006-11-27 18:48 | 小金井 | Trackback(1) | Comments(8)
                        丸ニ商店
                   このたてもの園の中で一番気に入っている 緑青 はどんどん
                   きれいになっていくが酸化のゆき過ぎが心配だ、
                   神田神保町三丁目 昭和初期  荒物屋
e0040418_1053467.jpg
e0040418_1054033.jpg
e0040418_1054308.jpg

by henronin | 2006-11-26 10:56 | 小金井 | Trackback(1) | Comments(10)
                          植村邸
                       この建物には当時の住所版が在り「新富ニノニ」とあった、
                       築地に近いが東京大空襲では焼夷弾による被害を受けた
                       ようでその傷跡が銅板に残っている。

                       東京あるきテクノより お知らせ
                 ★★★Tokyo MX テレビ まち歩き番組「Tokyo物語」のご案内:

                 11月26日(日)20時より:<Tokyo物語  新橋・汐留>
                 毎回、1つの街を主役として取り上げ、街の魅力を探る目利き達が
                 旅をします。その「旅」を手がかりに今までと少し違った視点か東京
                 の街を見直しその魅力をとことん味わう番組です。【出演】市川実日
                 子 http://www.mxtv.co.jp/
e0040418_1084410.jpg

                     この植村邸を撮った時24mmレンズの有り難味を実感した、
                     いつも今まで数枚に分割して撮影し つなぎ合せていた。
e0040418_10205565.jpg
e0040418_10211538.jpg

by henronin | 2006-11-25 10:23 | 小金井 | Trackback | Comments(6)
                          華は美しく
                    やはり華(錆)は美しく在るべきだ、丸ニ商店の華もきれいに
                    なった、その分だけ銅板の劣化が進んだのであろうか、それ
                    とも酸化物の保護幕が厚くなったのか。
e0040418_9434262.jpg
e0040418_9435886.jpg

by henronin | 2006-11-24 09:45 | 小金井 | Trackback | Comments(40)
                       江戸東京たてもの園
                   リハビリを兼ねて手近な建物園での撮影とした、仕事を辞めると
                   決めたらすこぶる快調である「イヤイヤ病」かな?
                   移築された当時は銅板の錆もいまいちで在ったが現在は味が
                   出て来た。
                   丸ニ商店(まるに..荒物屋)神田神保町-昭和初期のガラスに写
                   った植村邸...新富二丁目...昭和二年建築
                   花市生花店(はないち)神田淡路町...昭和初期..ウインドウに写
                   った植村邸  二つとも考えられない状況で在ったがここ建物園
                   で起こってしまった。
e0040418_17333478.jpg
e0040418_1734357.jpg

e0040418_17421517.jpg

by henronin | 2006-11-23 17:42 | 小金井 | Trackback | Comments(2)
                       焼失を免れたのは
                           築地周辺が東京大空襲による焼失を免れたのは
                           聖路加チャペルが在ったからだと言われている。
                           その傍にあまり目立たないが「築地カトリック教会」
                           が在る、一見してはこれが木造とは思えないが「木
                           造三階建てモルタル塗り」である、たしかに叩くと軽
                           い音がする。
e0040418_11274857.jpg

                            
by henronin | 2006-11-22 11:28 | 築地 | Trackback | Comments(12)
                           再生なるか?
                    最近さびしい錆に出会う事が多く美しい錆とはめぐり合えない
                    確かに錆のポイントは増加したのだが?撮る側に勢いが無い
                    のかも?次の休日には気合を入れて撮りたいと思う。
e0040418_9523925.jpg

by henronin | 2006-11-21 09:53 | 築地 | Trackback | Comments(8)