八広アート
                           ポップアートモードで撮ったら消えいりそうなアートも自己主張
                           を始めたかのように見えた、ただ錆単体では見られた物ではな
                           く彩度を落としたり色々苦労してなんとかなった、RAWでも撮っ
                           たので何とかなると考えたのがあまかったようで自分好みの
                           Canonスタイルの色調は出せなかった、フイルムのように
                           カメラの中身も入れ替えられるといいのだが....。

e0040418_8491895.jpg


                           ポップアートモードで撮影 

e0040418_8503794.jpg

                           ポップアートモードでは見られたものではなく彩度を落とし
                           色温度など記憶に近かづけてみた。
                           E-620 アートモード
by henronin | 2009-09-13 09:00 | | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://henronin.exblog.jp/tb/11119766
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sei-koba at 2009-09-13 19:59
こんばんは
自分のソフトを駆使して思ったイメージに仕上げるのは大変ですね。
でも、気に入ったモノが出来たときの達成感は格別なのでは?
私もこういう入れ込める題材を探してみようかな。

Sei
Commented by sima7sima7 at 2009-09-13 22:18
こんばんは
2枚目は、チョー綺麗な華が咲き誇ってる感じです! 黒い点が鮭の目に見えてきました(^笑^)
カメラの中で彩度を弄る機能って、高いか低いかの極端にするしか調整出来ないんでしょうね
Jpgのみの方には良いですが、RAWの方には無理な調整かもしれませんね
その機能を入れたソフトを配布してくれれば、PCで出来るのにな~ 無料なので無理を言えないですね(^笑^)
Commented by henronin at 2009-09-14 09:25
sei-kobaさん     自動ソフトには名人の秘伝みたいな物がありましてそれから変化させて自分のオリジナルな物にしようとすると
秘伝の中身が解らないので何時までも名人作みたいで飽きてしまいます。
Commented by henronin at 2009-09-14 09:36
sima7sima7さん      RAWで撮った物はどこのメーカーのものでも好きなソフトで現像出来るといいのにと思います、
有料でもいいのですが市販の共通ソフトもRAWの中身が違うのか仕上がりが違うのですよね、
そこまで拘ることはないと思うのですが道楽はそんなものかも...笑...。
<<                ...                ... >>