3月10日を改めて想う
               東京の裏路地を歩いていると 東京大空襲 の痕跡に出会う
               浅草橋 おかず横丁奥の半分焼け残った電柱、霊岸橋傍に
               ある大原稲荷の銀杏等 みな地元の方に教えて頂いた。
               今日の東京新聞に世界のホームラン王の王さんの体験が載っ
               ている、大原稲荷の銀杏を教えてくた霊岸橋のオジサン元気
               にしてるかな?
               今日は新しい写真はありません、神社の銀杏コピーのみ

e0040418_10172249.jpg

by henronin | 2011-03-10 10:19 | 江東区 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://henronin.exblog.jp/tb/14403837
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by getteng at 2011-03-10 13:31
henroninさん、
広島のgettengです。
それでも忘れずに新芽が出ています。
自然の生命力は凄いですよ。
当地にある被爆樹を見ていて、その神秘さに驚きます。
Commented by sima7sima7 at 2011-03-10 20:16
こんばんは
空襲にも生き残って、そして新しい命の芽を出す生命力に頭が下がりますね
自然の力を大切にしないとダメですね
Commented by mn3m at 2011-03-10 21:09
そうか,東京大空襲の日ですね。 黙祷(_._)
あの年はこんな芽吹きは見られなかったのだろうと思います。
自宅の側の川にも大勢の方が飛び込んだとのことです。
毎年 精霊流しをしていますよ。
Commented by dejikaji at 2011-03-10 21:36
遍路人さん、こんばんはです。
今日の昼のニュースで慰霊祭やっていましたね。
街の移り変わりの激しい東京で、こうして残ってるって事は凄い事です!
大事にしていって欲しいものですm(__)m
Commented by henronin at 2011-03-11 09:50
getteng さん    この写真を撮ってから3年が過ぎてますので近々 見に行ってきます。
Commented by henronin at 2011-03-11 09:58
mn3m さん    自分は郵便局のそばに家が在ったので
その建物が被災せぬよう周りの家が取り壊されましたその中に
含まれてたので疎開し難を逃れました、
それほどまでにして守った郵便局も結局は灰になりましたが。
Commented by henronin at 2011-03-11 10:01
sima7sima7 さん    銀杏は火災には強いと聞きましたが本当ですね
暖かくなって芽吹く頃 見に行ってきます オジサン元気にしてるかな。
Commented by henronin at 2011-03-11 10:06
dejikaji さん    幸い小さいながらも神社の中ですので残りそうです
傍の石の欄干の焦げ痕は薄くなって行きますがこれは歴史の証人として未だ残りそうです。
<<            エリカ様...                ... >>