赤と黒
                          鳥越に来るたびに立ち寄る駐車場の塀と銅板葺き
                          の家屋の一部、銅板が黒くなるのは硫化物(硫黄)
                          による、塀の錆びは来る度に表情が変わっている
                          のが嬉しい。
e0040418_1263812.jpg
e0040418_126501.jpg

by henronin | 2007-04-15 12:07 | 台東区 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://henronin.exblog.jp/tb/5511673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by poohko at 2007-04-15 15:22 x
1枚目まぶしく太陽の表面のように見えてきます。
Commented by マフィンマン at 2007-04-15 22:36 x
銅板葺きは看板建築の一部分でしょうか。
こういう銅板葺きを拝見するたびに、新築当初の色は一体どんなだったんだろう、と思います。
どうなんでしょうか? 鮮やかなブルーだったとか?
Commented by nobulinn at 2007-04-16 00:30
こんばんは。
一枚目、溶けてますね~(^^)
2枚目は、なんだかきっぱりとしていて、男前な雰囲気の錆ですね。
錆も、色々・・・こういう切り口で拝見させていただき、改めて感じました。
Commented by aoi_color at 2007-04-16 00:45
紫紺の銅板の色が最高です。
色落ちした箇所は毒性が強そうで………(苦笑)
Commented by keiko_52 at 2007-04-16 11:16
こんにちはkeikoです。
う~~ん、、、目を淫しますね、、ちょー色っぽくてやらしいです。
henroninさんやりますあ~~
これもハートに直撃です。(笑)さえてますよ!!
Commented by henronin at 2007-04-16 14:08
poohkoさん    少し派手過ぎましたかね、次は抑え目にします。
Commented by henronin at 2007-04-16 14:17
マフィンマン さん     どうなんでしょう、推測ですが淡いグリーンかも、新しい神社の屋根がそんな色してますが、あれは薬品を塗って酸化皮膜を作るのだそうです、昨年 銅板に「塩化アンモニューム」の3パーセント液を塗ってみたら綺麗な緑色になりました、面白味は無かったですが。
Commented by henronin at 2007-04-16 14:19
nobulinnさん     銅と鉄そして管理されたものと野放しの違いかもしれませんね。
Commented by henronin at 2007-04-16 14:25
aoi_colorさん    緑青には毒はないそうです、あってもアスピリン程度だそうで誰かが何処かで毒だと言ってそれが学校の教科書に載った為だそうです、ただ銅は単体で存在せず砒素等と共に有るので純度が低いと危険かも?
Commented by henronin at 2007-04-16 14:27
keiko_52さん     ありがとうございます、元気にやりま~す。
<<                ...                ... >>