八広三丁目
e0040418_1154191.jpg
e0040418_1155690.jpg
e0040418_1163086.jpg

by henronin | 2007-05-01 11:07 | 墨田区 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://henronin.exblog.jp/tb/5597649
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Rambler5439 at 2007-05-01 13:28 x
うららかな春の日射しを浴びている小さな花々と下見板張りの建物がよくマッチしていて、とても見応えがあります。こういう場所でいれたてのコーヒーを飲んだら最高でしょうね。
Commented by lucca-truth at 2007-05-01 14:51
こんにちわ
古いガラス戸の玄関先に黄色の花が風情があって
よくにあっていますね。
ひっそりとした野の花とレトロな佇まいよい雰囲気ですね。
きのうの藤の花もきれいですね。
Commented by nobulinn at 2007-05-02 00:54
こんばんは。
2枚目のお写真、とっても好きです。
かしがったトタン屋根、赤く塗られた戸、黄色い野草・・・
勢揃いした景色に感謝したいくらいですね♪
Commented by henronin at 2007-05-02 12:30
Rambler5439さん     そうですねコーヒーでも飲みながら写真集でも眺められたら幸福です、どうした事情か知りませんが空家にしたのは惜しいです。
Commented by henronin at 2007-05-02 12:33
lucca-truthさん    ありがとうございます、廃屋になってしまったのは残念ですが こうした場面に出会うと幸福感を感じます。
Commented by henronin at 2007-05-02 12:38
nobulinnさん     春の陽光と黄色の野草の花は廃屋と云う悲しみを全部消し去ったようです、花が散れば現実に引き戻されるのでしょうが。
Commented by マフィンマン at 2007-05-02 23:20 x
んん~、どうしたら八広のこういう風景を発見できるのでしょうか。
先日、マウンテンバイクで東向島を中心に八広などもめぐりましたが、この街では一枚も収穫がありませんでした。なぜか、鼻がきかなくなるんですよ。
1枚目の廃屋と名もなき(本当はあるのでしょうが)黄色い花――この家から去っていった主人に代わり、ささやかながら主になっているような風情です。
Commented by aoi_color at 2007-05-03 04:08
扉の赤と取り残された様な空間、朽ちた下見板張りのお宅と群生する菜の花。
小さな小さな生活の歴史を感じます。
Commented by henronin at 2007-05-03 17:42
マフィンマン さん     いつもの事ながらバスを降りて方向違いの道に通いこんだだけで鼻はぜんぜん効いた様子はありません、抜け出すべくオロオロしてました、お陰でいいものに出会いました。
Commented by henronin at 2007-05-03 17:46
aoi_colorさん     こんな様子をみると廃屋にするのは勿体無い気がします、マンションよりここの方が快適な生活が出来そうに思えますが。
<<                ...                ... >>