霊岸橋で出会う
                        霊岸橋 永代通り 何かを感じる、  
                        ここを何回か歩いていて いつも気になっているのが
                        花が飾ってある台である 玉ねぎの花も咲いている、
                        ジャガイモはしばらくダメだろう、そこの主にお会いした
                        ホームレスだがチョッとした有名人である、東京ウオーク
                        にも「論座」にも載った、その彼のお勧めで「東京大空襲
                        で焼け残った銀杏」を見に行く 焼け残ったと言うより根
                        が生きていたので芽吹いた訳だ それも焦げた幹と同じ
                        太さになっていた。
                        彼にはカラーよりモノクロの方が似合う

e0040418_943342.jpg


e0040418_9464058.jpg


                        大原稲荷神社の焼け残った銀杏 右の幹にこげ跡が
e0040418_9455061.jpg


                        江東区永代の東京大空襲慰霊碑
e0040418_9483297.jpg


                      曇天を期待して傘まで持って出かけたのにこの陽射しは?
by henronin | 2007-06-08 09:53 | 江東区 | Trackback | Comments(11)
トラックバックURL : https://henronin.exblog.jp/tb/5846423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tonta03 at 2007-06-08 13:15
こんにちわ~
>彼にはカラーよりモノクロの方が似合う
全く同感です
コゲタ銀杏 炭化した部分が右側に見えますが 上の方は葉が茂っているでしょう
凄い生命力ですね アスファルトの下の根が少し可哀想かな(笑)
Commented by henronin at 2007-06-08 14:45
tonta03さん    右は完全に枯れてます、生き残ったのは根だけで
             ここから出た芽が大きくなって左になりました。
             彼が本に載った写真をモノクロでコピーしたのが
有ったのでこの方が彼方の人生 生き方が見えてていいと話したら
本人も喜んでいました。
Commented by keiko_52 at 2007-06-08 18:28
こんにちはkeikoです。
すてきな帽子の老彼、よいですね~~
よいお顔にとれてます。

花の台ってなにかなあ??
おもしろい財産ですね。
戦後も60年たつと、焼けた木をしのぐ時間がきざまれるのですね。
時間の流れがコンパクトに凝縮されてお見事でした。
4枚の写真で60余年を表現ですね、、、ぱちぱち、、、よいですね^~~
Commented by マフィンマン at 2007-06-08 21:26 x
このじいさん、写真をやるのでしょうか。
じいさん自身が写っている写真もありますが、そうでないのもありますね。
人物写真の心得がある人なのでしょうか。気になるな~。
Commented by nobulinn at 2007-06-09 00:27
こんばんは。
1枚目のお写真、とっても良いお写真ですね。
マフィンマンさんも仰っていますが、私もこの方写真やるのかな~って思いました。
銀杏の木、多くのことを語っているようです。
Commented by lucca-truth at 2007-06-09 09:52
おはようございます
1枚目、笑顔がすてきに撮れていますね。
焼け残った銀杏の木すごいですね。生命力を感じます。
Commented by henronin at 2007-06-09 11:46
keiko_52さん     60年は経っているのに焼けた幹は腐ってないのです、一部炭化してるのでそのせいかも知れませんね、どちらが親木か解からなくなって、時間を感じました。
Commented by henronin at 2007-06-09 11:56
マフィンマン さん    右三枚はどうした関係かは知りませんがご近所の方で写真を貰ったと言ってました、あとは取材に来た編集者との写真とかで、コンデジを持っていたので好きなのでしょう。
Commented by henronin at 2007-06-09 12:05
nobulinnさん   イチョウの木は小さな祠の裏に在ったので全体像が撮れませんでしたが、親子の幹をみると多くの物語を感じます。
Commented by henronin at 2007-06-09 12:17
lucca-truthさん     お会いしてから最後までずっと笑顔でした。
 銀杏の木もすごいけどこの辺の街並みも空襲の痕跡を探すのが大変
な程です、このおじさんに出会わなければ焼けた銀杏には気がつきませんでした。
Commented by Rambler5439 at 2007-06-10 23:17 x
1、2枚目に写っている物体は、花電車ならぬ"花リヤカー"でしょうか。新川から茅場町に向う途中、霊岸橋近くの歩道で見かけたことがあるのですが、日暮れ間近で焦っていたこともあり、詳しく見ずじまいでした。
<<                ...                ... >>