おかず横丁
                       急に秋らしさを感じた、早い時間帯から路地は日が陰り
                       始めるようになり撮影時間帯の変更が必要か?
                       そんな中で雲の切れ目から射した陽が看板建築を横から
                       照らしていた。

e0040418_11275631.jpg


e0040418_11281376.jpg

by henronin | 2007-10-14 11:29 | 台東区 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://henronin.exblog.jp/tb/6622403
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 緑の惑星人 at 2007-10-14 23:15 x
はじめまして。一花一葉さん経由で来ました。
まだ全部は拝見していませんが、金属錆の世界、いいですね。
特に北千住など。オレンジ色もきれい。
私も実は錆世界にハマっています。
写真は少しですが、金属板コラージュ作品なども制作。
本当はいい味のトタン板などをはがして使いたいのですが、
そうもいかず、仕方なく人工に多少頼っています。鉄・銅・真鍮など。
こちらを見て、更に私も深みにハマってみようと思いました。
また遊びに来ます。よろしくお願いします
Commented by henronin at 2007-10-15 10:23
緑の惑星人 さん      見ていただきありがとうございます、金属板コラージュ作品なども制作されてるとか羨ましいです、錆びは「生もの」なので人工的に作るのも難しいですね、仕事先でのジュエリーの先生に銅板の錆びの作り方も教わりましたが、思うような物も出来ずそのままになっています、鉄板への油と酸化剤の方法も未実施、良い作り方が在りましたら教えて下さい、作品も期待してます。
Commented by 緑の惑星人 at 2007-10-15 15:46 x
●鉄は、買ってきた板の油を取り、外に放っておくだけ。
出来たら、板を小さく切って、いらない鍋に水と台所洗剤を入れ、
あらかじめ煮ると油分がキレイに取れます。というか、もう錆始めています。
ハンズに赤錆液という専用のがありましたが、あまり意味がなかったです。
●銅は緑青液をたっぷり塗り(乗せ?)、天日に晒すだけ。
日照が強いと30分くらいで、黒に、さらに緑になっていきます。
緑青液は、酢酸銅・硫酸銅・ミョウバンなど5種を混ぜたもの。
和紙を勉強した所で沢山手に入れました。
工芸品にする場合はもっと下処理液(たんぱん酢)などを塗るそうです。
なお、5種の薬品は大きい薬局でも印鑑を持っていけば買えるらしい。
●その他、版画用のエッチング液、温泉のムトーハップなども
も面白く腐食または変色します。エッチング液はハンズなんかにあり。

話は変わって、こちらをリンクさせてもらってもいいでしょうか?
Commented by henronin at 2007-10-16 10:11
緑の惑星人さん     リンクしていただければ幸いです、お願い致します、詳しい情報を有難うございます、自分が教わったのは「塩化アンモニュウム」4%液を洗浄した金属に塗り日に曝すと言う事だけでしたが、簡単ですが求める錆びは出来ず自然に任せぶらさがってます、銅については硫黄入浴剤で黒くしたのを先生の作品として見たのですが綺麗でした。
今は時間が在りませんが情報を参考にして近いうちに挑戦してみたいと思います。
<<                ...                ... >>