千住の華-3
                         千住には路地や建物などサビ以外のものを求めて
                         出かけたのだがサビが主役になってしまった。

e0040418_10105695.jpg


e0040418_10111859.jpg

by henronin | 2008-07-06 10:12 | | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://henronin.exblog.jp/tb/8254634
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by dejikaji at 2008-07-06 20:19
遍路人さん、こんばんはです。
好きな物は意識しなくっても勝手に目が行っちゃいますからね~!
いつもなら1枚目のインパクトに惹かれちゃいますが、今日は何故か2枚目がお気に入りです。
妙な色気を感じちゃってます♪(*^_^*)
Commented by sima7sima7 at 2008-07-06 21:47
こんばんは
今日のサビ具合も決まってます! 2枚目の滑らかな曲線の外側にサビの流れのような表現
これも芸術の粋だと思います
でも、相変わらず5D君は良い仕事してくれますね!ニコンの新型が気になりますが(・汗・) この色彩はキャノンですね
Commented by henronin at 2008-07-07 10:08
dejikajiさん    被写体に惚れ込まないと良いのが撮れませんね、路
地にもきっと良いのが在ったと思いますが見えなたったようです。
Commented by henronin at 2008-07-07 10:14
sima7sima7さん      そうなんです、5Dはやはり自分の好む色合
いです、5Dは最後まで使い潰すつもりで購入したのですがやはり後継
機が気になります、フジヤが繁盛する意味が解かった気がします。
Commented by 潮時 卓 at 2008-07-08 21:10 x
今晩は
そういえば、ホアン・ミロの絵もイタズラガキのようでしたね。自由奔放なのに撥ねつけることは無い。心を奪われますね。
Commented by henronin at 2008-07-09 09:40
潮時 卓さん    おはようございます。
ホアン・ミロの絵にそうした感じも受けますが 質の違いは大きいですね
街の落書きはそれ自体では成り立たず汚れたり他の落書きと重なり合っ
てはじめて一部分が生きて来る感じです。
先日も宇田川町でプロが壁画を描いてましたが自分は好きになれません
でした、芸術作品と落書きの差はどこに有るのでしょう、むずかしいですね。
Commented by 潮時 卓 at 2008-07-13 07:18 x
痕跡を残す流星群のようなものでしょうか?あるとき遣って来て、形象を加えてゆく、全てが残るわけでもなく、その痕跡による何らかの影響が前からあるものを削ぎ落としていく。芸術作品は作者の意図が感じられ、ある時点で止揚されたものですね。落書きは、当初の物に加えられていき、放置され変容していきます。また、加えられることもありますが。その変容の過程でhenroninさんに、発見されるのです。ミロの絵を見て自分も描き加えてみたいと衝動に駆られた覚えがあります。そう、街角には自由が存在しているのです。そこに光がちらっと見えるのではありませんか・・・原石のように。それをheroninさんが、ちょっと磨きだすと、えもいわれぬ輝きが見えてくる。その瞬間のニコッとした笑顔が目に浮かびます。
Commented by henronin at 2008-07-13 10:30
潮時 卓 さん     自分は衝動的に撮ってることが多いので分析が
足らず後で後悔する事がまま在ります、「街角には自由が存在している
のです」この言葉いいですね 好きです、そして時々刻々 自由に変化し
ています、その中からより多くの作品が切り出せれば幸せだと思います。
<<                ...                ... >>