緑の華
                      築地には銅版に覆われた建物が年々減ってはいるが
                      沢山ある その中で今回 輝いて見えた建物が在った
                      光線状態なのか錆の進行状態なのか自分の頭の中の
                      混線状態なのかは解らないが、美しいこ事には間違いない

e0040418_10134018.jpg


e0040418_1014625.jpg

                      この建物は上のとは違う建物、初めて出会った時は
                      右側も左と同じ銅版に覆われていた、ただ補修の方法
                      に誤りがあり半分は今風の改築になった物と思われる
                      そして時間がたち 馴染み輝いて見えてきた。
                      建物が洋風に見えるのはここの建築基準が二階建て迄
                      だったので脱法行為として三階部分の壁に傾斜をつけて
                      「ここから屋根ですよ!」との意思表示だそうです。
e0040418_10303260.jpg

by henronin | 2009-01-18 10:35 | | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://henronin.exblog.jp/tb/9433750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by sei-koba at 2009-01-18 11:33
銅葺きの屋根というのは良くありますが、壁は初めて見ました。
緑青で覆われる前はさぞかし派手な様子だったのでしょうね。
Commented by cabin_um at 2009-01-18 14:59
遍路人さん、こんにちは!
1枚目、良い光の下で銅板のテクスチャーが実に立体的でした。
3枚目は強烈な対比ですねえ。確かに屋根裏は部屋に数えら
れないので、今でもこの裏技は生きてます(^^)左側の玄関奥の
光は生活の鼓動を感じさせて、これも良い光ですね。
Commented by dejikaji at 2009-01-18 19:06
遍路人さん、こんばんはです。
1枚目、凄い年代ものの風格ですね~!
銅版の模様は、さながら建物のシーラカンスと言ったところでしょうか。
ラストも、今と昔が混在した何とも面白い顔ですね。
そんな脱法行為があるとは知りませんでした。
Commented by haru_ogawa2 at 2009-01-18 21:16
面白い建物ですねー。こういうの、見たことがありません。ホー、とため息が出そうです。
Commented by sima7sima7 at 2009-01-18 23:20
こんばんは
此処からが屋根って微妙な角度ですね(^笑^)
銅板の美しさは、遍路人さんに教えを頂いてからジックリ見るようになりましたが
未だに切取った事がありません(・汗・) 1枚目の青く光る銅板!美しいもんですね
Commented by nobulinn at 2009-01-19 07:56
おはようございます。
1枚目のお写真、やわらかい光がきれいですね。
手前の箱、なにか飼っているのでしょうか?
Commented by henronin at 2009-01-19 10:43
sei-kobaさん     築地や神田には沢山こうした建物が残ってますのでお暇の節は見てください、写真より綺麗?です...笑...。
Commented by henronin at 2009-01-19 10:52
cabin_umさん    そうですか この裏技 生きてますか 話によると
この裏技を教えたのは警官だったとか?その頃の建築許可は警察が取
り仕切っていたので大岡ばりの裁きだったのかも。
Commented by henronin at 2009-01-19 11:03
dejikajiさん    シーラカンスも最近たくさん捕獲されていますがこう
した建物は増殖しないので何時までも残して欲しいです、幾つかの建物
は取り壊すとき「東京建物園」に移築が決まってるとの事ですがどれか
は知りません。
Commented by henronin at 2009-01-19 11:07
haru_ogawa2さん    こうした面白い物に出会えるので街撮りは止められません...笑...。
Commented by henronin at 2009-01-19 11:13
sima7sima7さん    この右側は補修ミスで鉄釘を使ったのでその
錆が赤く流れて絵的には面白かったのですが結局は全面改修となって
しまいこれがまたいい具合に馴染んできました。
Commented by henronin at 2009-01-19 11:18
nobulinnさん     この箱には何もいなかったようです、以前なにか
飼っていたのかな?同じ銅壁でも季節や時間でいろんな表情を見せて
くれるので面白いですね。
<<                ...                ... >>